SEO対策の為のキーワードマーケティング

Copyright (C) SEO対策の勉強をしているSW

 

 

対策を行う

  人気のサイトが行っているSEO対策に共通している点は
ターゲットとするキーワードは1つではなく、複数を対象としており
それぞれのキーワードに対してSEO対策をしているというのが特徴です。

というのも、例えば調理道具を探している場合、検索エンジンには
「調理道具」の他にも「キッチン用品」「インテリア キッチン」などというような
同義語を入力する場合があるでしょう。

しかし、一つの単語しかカバーしていない場合には、これらの類義語で
検索したユーザーを逃してしまいます。
難点

それ以外にも、あまりにくくりの大きい単語の場合には、
サイトが多すぎるという難点もあります。

ですから、SEO対策のメインでもある、検索結果の表示順位を
上げようとすれば、ターゲットとするキーワードをどのように絞り込むのかを
しっかり考える必要があります。

どれだけ質の良いサイトを作っていても、キーワードの設定が
ユーザーの求めているものとずれていると、訪問すらしてもらえず
持て余すことになってしまいます。
それではもったいないので、キーワード設定の重要性を理解しておきましょう。

そこで、重要なのが、ターゲットを複数設定するということです。

検索エンジンへの入力キーワードは男女・世代などによっても
変わってくるでしょうから、あなたのサイトがどのような客層を
ターゲットとしているのか、そしてそのターゲットが入力しそうなワードは
何かをマーケティングする必要があります。

ターゲットを的確にしぼり、マーケティング。そしてそのキーワードを選定。
このような流れってwebも実店舗も同じもの。
そう考えると想像がつきやすいかもしれません。