SEO対策の為のキーワードマーケティング

Copyright (C) SEO対策の勉強をしているSW

 

 

 

  キーワードの選択には、“ビッグキーワード”、“ミドルキーワード”、
“スモールキーワード”と3つの段階があります。
定義

これは、検索キーワードの絞り込み具合によってキーワードを分類したもので、
ビックキーワードは目的のものを一番広く定義するものといえます。

検索をしようとして、一番初めに検索窓に入力する一言目がつまりビッグキーワードです。
ビックからスモールへと絞り込まれるごとにユーザーのニーズに近づくため、
より購買意欲の高いユーザーをゲットする可能性が高いということになります。

できるだけ購買意欲の高いユーザーをゲットしたい場合には、
スモールへと絞り込む方が効果的だといえます。
競合他社

ただし、ヒット率の高いキーワードというのは、競合他社もリサーチして
いるでしょうし、狙っていますから、あなたのサイトについても十分な
リサーチが必要といえます。

いかにあなたがターゲットを絞り込んで、その対象が使いそうな的確な
キーワードを探り当てるか。
どんな客層が利用し、その客層が検索に使いそうなキーワードには
どういったものがあるのか?といったことを考えることが大切です。

それには、視野を広げて、客層への情報を集める努力も必要とされます。

それが他社との差別化を図れる部分です。
SEO対策、非常に多方面からキーワードを考えていかないといけません。

あなたも検索エンジン最適化は京都で